中誠貿易
  • 〒703-8264 岡山県岡山市中区倉富364-2  TEL:086-206-1185 FAX:086-206-1186

取扱いプラスチック樹脂

取扱いプラスチック樹脂
プラスチックとは プラスチック (英: plastic) は元来「可塑性物質」 (英: plasticisers) という意味を持ち、主に金属結晶において開花したものを基盤としており、合成樹脂同様日本語ではいささか曖昧であり、合成樹脂と同義である場合や、合成樹脂がプラスチックとエラストマーという2つに分類される場合、また、原料である合成樹脂が成形され硬化した完成品をプラスチックと呼ぶ場合など、多様な意味に用いられている。つまり英語の学術文献を書く場合、全く通用しない用語であることの認識をしなければならず、「resin」などと表現するのが一般的である。
合成樹脂とは 合成樹脂(ごうせいじゅし、英: synthetic resin)とは、人為的に製造された、高分子化合物からなる物質を指す。合成でない天然樹脂には植物から採ったロジンや天然ゴム等があり、鉱物質ではアスファルトが代表例である。合成樹脂の糸を紡糸して作った繊維は合成繊維と呼ばれ、合成樹脂は可塑性を持つものが多い。近年、地球温暖化による異常気象が出はじめ石油由来のカーボン材料とともに社会からの削減の声が多く聞かれるようになっている。
  • ◆ ABS

    ABS樹脂(エービーエスじゅし)とはアクリロニトリル (Acrylonitrile)、ブタジエン (Butadiene)、スチレン (Styrene)共重合合成樹脂。CAS番号9003-56-9。ABSは原料の頭文字に由来する。常用耐熱温度は70~100℃。 家電や電気電子製品の各種外装?筐体?機構部品類、自動車パネルなど内装部品、文具?雑貨類、事務用家具部材、ブラシの柄など。学校教育で使用されるリコーダーなど、楽器にも使用されている。

  • ◆ PET

    ポリエチレンテレフタラート(英: polyethylene terephthalate)は、ポリエステルの一種である。
    略称は頭字語でPETと綴り、日本語では「ペット」、英語では「ピーイーティー」と読む。ペットボトルの名称はこれに由来する。 飲料容器として知られるペットボトルのほか、フィルム?磁気テープの基材、衣料用の繊維など(フリースなど)に用いられる。 熱可塑性の合成繊維の中では、その結晶性から比較的熱に強く、生産量も最も多い。そのため、ペットボトルから繊維へといったリサイクルが比較的普及している樹脂でもある。

  • ◆ PP

    ポリプロピレン (polypropylene) 略称PPは、プロピレンを重合させた熱可塑性樹脂である。汎用樹脂の中では最高の耐熱性である。工業的に入手可能であり、包装材料、繊維、文具、プラスチック部品、種々の再利用可能な容器、実験器具、スピーカーコーン、自動車部品、紙幣など幅広い用途をもっている。汎用樹脂の中で比重が最も小さく、水に浮かぶ。強度が高く、吸湿性がなく、耐薬品(酸、アルカリを含む)性に優れている。しかし、染色性が悪く、耐光性が低い為、ファッション性の高い服地の繊維用途には向かない。

  • ◆ PS

    ポリスチレン (polystyrene) とはスチレンをモノマーとするポリマーである。略号はPSで、リサイクルマーク(SPIコード)は6である。スチロール樹脂とも呼ばれる。 一般的に用いられているポリスチレンは過酸化ベンゾイルをイニシエーター(ラジカル開始剤)としてスチレンをラジカル重合して得られるアタクチック構造を持つプラスチックであり、非晶性のポリマーである。

  • ◆ PVC

    ポリ塩化ビニル(ポリえんかビニル、polyvinyl chloride、PVC)または塩化ビニル樹脂とは一般的な合成樹脂(プラスチック)の1つで、塩化ビニル(クロロエチレン)を重合したものである。俗に塩化ビニール、塩ビ、ビニールなどと呼ばれる。軟質ポリ塩化ビニルは、ソフトビニール(Soft Vinyl)、ソフビとも呼ばれている。しかし、ポリマーを意味する「ポリ」または「樹脂」を略した呼称は、その原料である単量体の塩化ビニルとの混同を生じるおそれがあるため、単量体の塩化ビニルを特に塩化ビニルモノマーと呼ぶことがある。

  • ◆ PMMA

    アクリル、もしくはアクリル樹脂という名称のほうが一般的に用いられます。正式にはメタクリル樹脂もしくはポリメタクリル酸メチル、ポリメチルメタクリレート(PMMA)となります。熱可塑性プラスチックのうち、非晶性に分類されます。
    樹脂の中では耐侯性に優れ、直射日光下でも劣化しないという特性があります。常用での耐熱温度は70~90℃、また透明性が高いため、アクリルガラスやレンズ、各種照明のカバー、窓材としても使われている所以です。透明性が高いだけでなく、着色も容易であり、カラーのアクリルが多数出回っています。

  • ◆ POM

    ポリアセタール(polyacetal)またはポリオキシメチレン(polyoxymethylene)とは、オキシメチレン(oxymethylene、?CH2O?)構造を単位構造にもつポリマーであり、略号はPOMである。
    家電や電気電子製品の各種外装?筐体?機構部品類、自動車パネルなど内装部品、文具?雑貨類、事用家具部材、ブラシの柄など。呼気による結露対策として、リコーダーをはじめとする木管楽器や金管楽器にも使用されている。 また模型の可動部部品や、樹脂製の鉄道模型の台車枠?連結器など、さまざまな用途で使用される。

  • ◆ PC

    ポリカーボネート(英: polycarbonate)は、熱可塑性プラスチックの一種。化合物名字訳基準に則った呼称はポリカルボナート。様々な製品の材料として利用されている。モノマー単位同士の接合部は、すべてカーボネート基 (-O-(C=O)-O-) で構成されるため、この名が付けられた。ポリカ、PCと省略されることもある。また、アクリル樹脂などと共に有機ガラスとも呼ばれる。ドイツのバイエル社が開発した 透明性?耐衝撃性?耐熱性?難燃性?寸安定性などにおいて、高い物性を示す。航空機?自動車など輸送機器、電気電子?光学?医療機器、防弾ガラスの材料などに広く用いられている。
    機械的強度も優れているので力のかかるプラスチックねじで最も多く使われている材料である。

  • ◆ PA

    ポリアミド(polyamide)とは、アミド結合によって多数のモノマーが結合してできたポリマーである。一般に脂肪族骨格を含むポリアミドをナイロン(Nylon)と総称し、これは初めて合成されたポリアミドであるナイロン-66のデュポン社の商標に由来する。また、芳香族骨格のみで構成されるポリアミドはアラミドと総称される。 アミド基を有する為に吸水性が高い。結晶性が高い樹脂で、耐薬品性に優れる。 アミド基の水素結合により、優れた強靭性、耐衝撃性、柔軟性を示す。 モノマーを変更することで、ポリマーアロイ化や共重合による改質が容易で、ガラス繊維など複合材との親和性も高くエンジニアリングプラスチックとして扱いやすい。

  • ◆ PE

    ポリエチレン (Poly Ethylene)略称PE エンプラのひとつとして分類される 「ポリエチレン」又は「ポリエチ」と呼ばれる。
    PCより高い耐衝撃性(高温域から低音域に至るまで)優れた耐摩耗性と自己潤滑性(フッ素樹脂やPOMより大きい)耐薬品性、食品安全衛生性。
    ・ 吸水率が低い。(寸法安定) 工業用部品(歯車、ガスケットなど)、農機具、ホッパー、義肢などで最も多く使われている材料である。

  • ◆ 其の他